ZEROから始めるオオクワLIFE

子供と散歩中に見つけたクワガタをキッカケに30年ぶりにクワガタをはじめました。 主に祖父江産オオクワガタについて書いていきます。


こんにちは!

しろぼうです(・∀・)つ

昼間はぽかぽか暖かいですが、朝晩の冷え込みは
厳しくなってきましたね 
布団からなかなか出るのが辛い季節の到来です。
しかしながら日中の気温も20度前後とブリ部屋の設定温度より
低いので一日中暖房を入れておけば良くなったので楽になりました
(朝晩暖房、日中冷房の切り替えがなくなりました)

さて今回は、我が家のメイン種でもある「オオクワガタ祖父江産」の
菌糸ボトル2本目への交換です。
(全てではありませんが・・・)

他のブリーダーさんのブログでは、幼虫の体重の調整をされている方が
多く見られますが、ブリード初年度ある僕にとっては体重が乗りすぎとか
少ないとかはわかりませんので、とにかく「乗ってくれ!」と思い交換しました。

その結果がコチラです。

我が家の最大体重の子です。
WaterMark_2019-11-17-14-51-15

SB19A2-23 29.6gです
(菌糸は、北斗恵裁園さんのオオヒラタケになります。)

世間からしたら・・・な感じのサイズですが、
我が家ではダントツのサイズになります
この子の次になるともう26g台になります。

25g以上の割合はこんな感じです。
(飼育頭数63頭(菌糸飼育のみカウント)、内♂24頭)
♂が少ない・・・

[HO:北斗恵裁園 オオヒラタケ  OA:マツノインセクト オアシス]

29g:1頭
SB19A2-23(HO)

26g:3頭
SB19A1-06(HO)
SB19A2-13(HO)
SB19A2-26(HO)

25g:8頭
SB19A1-02(OA)
SB19A1-05(HO)
SB19A1-07(HO)
SB19A1-10(HO)
SB19A2-06(OA)
SB19A2-17(HO)
SB19A2-22(HO)
SB19A2-23(HO)

※全飼育データは画面右上の「祖父江産オオクワガタ2019」をご覧下さい。

記録としてはこんな感じですが、OAに関しては完全に交換の
タイミングをミスって遅くなり過ぎました。
ほとんどの♂のボトルが食いあげてしまっていました
なので単純に菌糸の比較はできません・・・が、
1本目で4ヶ月以上経ってしまっているのはやはり良くないと実感しました。
特にNagiさんから頂いた子は、生まれたのが早いにも関わらず、
交換が遅くなるという失敗をしていまい申し訳なかったです

3本目の交換で巻き返しなるか楽しみなところではありますが、
もう一度、菌糸ボトルの作製、交換、温度の計画を見直そうと思います。

スマトラヒラタ用にワインセラーが欲しい今日この頃です
僕にもサンタさん来ないかな
怖い鬼なら家にいるんですけどね
本日も最後までお読み頂きありがとうございました


こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

 秋も深まってきましたね
昼夜の寒暖差が大きい時期でもあり、我が家ではぶり部屋の
温度調整に四苦八苦です
昼間は冷房、夜は暖房と使い分けていますが温度は全く安定しません
冷暖房の切り替えの時期は難しいですね

さて本題ですが、菌糸ボトルの受け取りもかねて我らが聖地の
WaterMark_2019-10-28-09-37-17
マツノインセクトさんに行ってきました
(道中渋滞にハマリ(2回も)時間がなかったので写真はこれのみ・・・)

看板に導かれ進んでいくとお店があるのですが、
緊張しながらドアを開けると・・・・

だ・・・誰もいない・・・

それどころか物置みたいな感じです

周りを見渡すと、矢印が

矢印どおり進んでいきます。
物置をでて、右に進みまた右に曲がります。
(いったん建物を出てまた入ります。)

中に入ると培養室と書かれた部屋など何やら菌糸瓶の製造工場が
中を見てみたい気持ちを抑えつつ、2階に上がっていきます。
(開けたら怒られますよねきっと・・・多分あかないのでしょうが
するとようやくお店があるので入ります

土足厳禁ですので用意してあるスリッパに履き替えてくださいね
(僕は聖地に土足で踏み入る大失態を・・・すみません

松野さんご夫妻に暖かく迎え入れられ、まず最初に祖父江の85mmと
83mmを見せて頂きました
祖父江のこのサイズは中々見れるものではないので感動です
いつかこのサイズを出してやると心に秘め自分の種親探しです。
(途中久留米の松野さん来期種親87mmも見ましたが凄い迫力で
祖父江と違った迫力がありましたカッコイイ・・・久留米人気も納得です

祖父江は、お店の表に出てなかったので奥から松野さんが良さそうなのを
見繕って何頭か出してくれました。
事前にNagiさん頂いたライン表を見てあらかた決めていましたが、
実際見てみると悩んでしまいますね

が、初志貫徹ということで一番気になっていたラインの♂に決めました

18-10
18-10
このラインは種親こそ大きくないのですが、アベレージが高く、
またキーだと思っている14-9が25%で割合が少ないのも魅力的でした。
この個体自体も光沢があって綺麗だったのも選んだ理由です

そしてこの♂につける♀は、
18-2

18-2mesu
祖父江でプレミアムと言える14-9の血を100%受け継ぐ個体です。
ここはサイズ狙いで選びました
その雰囲気を持っているのか他のと違いからだがムチムチです。

続いてもうひと♀
18-9
18-9
将来的なことを考えて、14-9が入っていないラインの個体を選びました。
14-9はどうしても濃くなっていく傾向になるだろうというのと、
もう一つ14-1も入っていないというのもポイントでした。
少ないライン数ですので偏りを無くすのが狙いです。

来期は先々月に子供も生まれ子育ての方も忙しくなるので、
ライン数を減らすことにしていました・・・と・・・

そんなふうに


実は、1♂2♀と家を出る前まではそう決めていたのですが、
実際行って見てしまうとテンションも上がりますよね

祖父江をやる以上、18-2の♂は気になります・・・
ですが経済的なこと、子育てのこと考えて
まぁ欲しければ年末のセールで買えばいいやくらいに思っていました・・・
しかし松野さんから、「18-2の♂は後1頭しかいないよ」なんて言われたので
「あ!見せてください!!」この時点で思考がおかしくなっています
最後の1頭を残り物と取るか、「運命」と取るか・・・
もちろん後者を選択し・・・

その♂がコチラ
18-2
18-2
すごく綺麗な子なんです
ディンプルらしいディンプルもないですし、よくこんな子が
残っていたなと。いや残っていてくれたなと

そしてこの子につける♀がコチラ
18-4
18-4
この個体は、14-9の血を両親から50%引き継ぐのですが、
僕が気になっている14-1も25%持っているのでこの子に決めました。
18-3と悩んだんですけどね

最後にもうひと♀
18-8
18-8
この子は血統がどうとかじゃなく、松野さんが・・・
「18-8はNagiさんのストレートの顎のやつだよ」と・・・

あのかっこよさはずるいですから・・・
はい、即決です・・・Nagiさん来期勝負です
相手にしてもらえないと思いますが
一緒に夢を見ましょうwww(こっちは♀ですけどw)

そんなこんなで来期は、2♂4♀の4ラインになります。
(多分増えません。18-2のインラインは???えっwww)
結局、今期と変わらないボリュームになりますが、
(スペースどうしよう・・・)
来期も精一杯楽しみます
(まだ今期も2本目の交換途中なのに

本日も最後までお読み頂きありがとうございました
※組み合わせはいじるかもです・・・18-2インライン・・・




こんばんは!

しろぼうです(・∀・)つ

秋の風物詩、★かぶ☆さんのプレ企画に協賛&応募しました

2019 ★かぶ☆プレ


今回は応募結果の記事になります!
協賛者は5ポイント付与されることもあり
全てのポイントを「ひろさん」のスマトラ幼虫につぎ込ませて頂きました!!
そしてなんと・・・・当選しましたv( ̄∇ ̄)v

スマトラヒラタ(アチェ産)は前回のKUWATA名古屋で見たときに、
ヤバイ、デカイ、カッコイイ・・・と一目惚れでした
(クワガタ飼育していない友人も一緒でしたが、あまりの大きさに驚いていました

頂いた幼虫の背景も、♂の種親♂105mm・・・♀の種親♂106mmと規格外です
実際受け取りに行った際、拝見させて頂きましたが圧巻の一言でした
とりあえず「ひろさん」からは、100mmを目指して頑張ってくださいとの
ことでしたので100mmを目標にがんばります!!
(オオクワもまだ80mm出したことないのに・・・

最低限、羽化まで持って行くのは当選者としての責任でもあると思いますので
しっかりと管理していきます

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!
また、プレ企画主催の「★かぶ☆さん」、選んで頂いた「ひろさん」、
ありがとうございました


このページのトップヘ