ZEROから始めるオオクワLIFE

子供と散歩中に見つけたクワガタをキッカケに30年ぶりにクワガタをはじめました。 主に祖父江産オオクワガタについて書いていきます。

こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

タイトルの通り産まれましたよ(´∀`*)
コクワガタです・・・(・∀・)
オオクワガタじゃなくてすいません(´д`;)

来期からの準備も兼ねて自己採集のコクワガタを産卵セットを組んでいました。
いきなりオオクワガタを産卵させる自信もありませんでしたので

産卵セットです。
WaterMark_2018-10-05-23-54-48

クヌギの産卵木が入っているのですが見えませんね・・・
実は産卵木を掘り起こしたら幼虫がいたので慌てて埋め戻しました

三日後くらいにはケースの側面にも幼虫を確認できるようになりました。
WaterMark_2018-10-05-23-54-12

赤丸のところにいるのですがこれまた見づらいですね・・・
ケースの側面に確認できたのは6匹くらいでした。
無事産まれてくれたので一安心です。
ホントはこれとは別にコクワとノコを一緒に産卵セットにいれた
ワクワクセット(どっちの幼虫かわからない)も組んだのですが、
こちらは不発に終わりそうです

肝心の飼育方法ですが、よくわからず・・・マット?菌糸ボトル?
色々悩んでいたところに名古屋に出張することになったので
クワカブ専門店の昆虫王国さんに行ってきました(´∀`)
WaterMark_2018-10-05-23-36-50

大きなカブトムシのモニュメント?が目印です。
行ったときは、ご覧の通りシャッターが閉まっていて休みかと思いましたが、
店舗は2階にありました

僕が行ったときは店長が不在でお母さんが店番をしていました。
正直、クワガタのことわかるかなと不安でしたが、
聞いてみると知識がすごかったです(*´Д`*)
ブリードのこととか、マットの水分量がどうとか・・・産地についてもあれこれと・・・
なぜそんなに知ってるんですかと聞いてみたところ、
「やっぱり物を売るには知っておかないと失礼だから」とのこと!
プロ意識がすごい・・・僕の母親くらいの人が(*´Д`*)
(実際、3人子供がいて末っ子が僕と同い年でした)

もちろん今回の目的であるコクワガタの幼虫についても聞いてきました。
発酵マットにクヌギ材を入れておけばいいとのことでした。
材が噛られてボロボロになったらまた材を追加すればいいようです。
ただやっぱりクワガタの幼虫は多頭飼育だと共食いもあるようなので
なるべく大きい容器に入れて幼虫同士が出会わないようにしたいと思います。
平日の昼間にお邪魔したこともあってお客さんが少なかったので
1時間も話して頂きました。
(ホントはもっといたかったのですが会社に行かないといけなかったので
こういうお店が近くにあればいいのに・・・
店舗は決して大きないですがアットホームな感じがとても気に入りました!
また近くに寄った際には行きたいと思います。

あとから気づいたのですがもっとわかりやす目印がありました。
WaterMark_2018-10-05-23-36-23

我等が中日ドラゴンズのナゴヤ球場です!!
小学生の頃はよく行きましたね^^懐かし~♪
来年こそは優勝!!いや、Aクラスを・・・

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)
今週末は、嫁も実家に帰りますし、日曜日は天気も良さそうなので
ようやく自作温室の続きができそうです!!

こんにちは!
しろぼうです(・∀・)つ

今週末はまた台風ですね ('д` ;)
なんで狙ったかのように日本列島を縦断してくるのでしょうか?
そんな中、ここのところ全然洗車出来ていなかったので、
今朝は雨が降っていましたが洗車しました。
水垢を取る苦労に比べたら雨の日の洗車のほうが断然いいですね(´∀`)
調べてみたらワックスをかけないなら雨のほうが洗車にはメリットがあるようです。
①雨で汚れが浮いて汚れを落としやすくなる。
②水道水と違ってカルキを雨は含まないので洗車後の拭き上げが不要
③雨が降っていると埃が立たないので洗車環境にはいい
とはいえ秋を迎え涼しくなってきているので風邪には注意です!

さて話がそれましたがクワガタに戻ります。
ここのところ週末は雨ばかり(また雨の話か?)なので、
自作温室が進めれていません(ほんとに完成するのか?)ので
来期の種親の紹介をしていきたいと思います。
念願の祖父江産です。
♂2、♀3の5匹体制で行く予定です。

まずは♂から(´∀`)
♂1番目
osu80

小枝にしがみついて離れない甘えん坊です(●´ω`●)
おしりから出てるのは小枝で交尾器ではありませんw


♂2番目
osu79

飼育ケースの上蓋に、よくおしっこをする元気な子です(´∀`*)

続いて♀です(′∀`)
3匹ともよくご飯を食べます(*´Д`*) 食費が・・・

♀1番目
mesu3

綺麗にご飯を食べてくれるいい子です(´∀`)
ちょっとぽっちゃりしてるでしょうか(*´Д`*)

♀2番目
mesu2

この子もご飯を綺麗に食べてくれます(*´∇`*)
スリムボディな子です(´∀`)

♀3番目
mesu1

エクボがかわいい子ですが、
何故かこの子だけ食べ方が汚い・・・(´д`;)
飼育ケースがいつもベタベタです(;´Д`)

5匹ともFORESTERさんからお譲り頂いたものになりますが、
組み合わせはどうしようか思案中です。
恐らく、お譲り頂いた時の組み合わせのままですが・・・

とりあえず5匹とも無事に越冬してもらいたいです。
いっぱい産んでくれますよーに!!
(飼育できる範囲ですが・・・)

僕自身、寒い冬が苦手なので早くも春が待ち遠しいです(*´ェ`*)

本日も最後までお読み頂きありがとうございます(´∀`)
台風・・・無事に通り過ぎてってね・・・

こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

皆さんのブログを拝見していると、菌糸ボトル2本目への交換が終わるころでしょうか?
我が家は、来季のブリードに向け今年は幼虫を購入して羽化まで挑戦です(●´ω`●)
4月中旬に生まれた子たちで8月までの4ヶ月間プリカの中にいた子たちです。
地元の祖父江産ということもあり4匹ですが購入しました。
(1本目投入の時の記事は、コチラ

1ヶ月経ちましたので少し様子を見てみます。
といっても毎日冷凍PETボトルの交換で見ていましたが ('д` ;)
菌糸ボトル1

菌糸ボトル2

菌糸ボトル3

菌糸ボトル4

ほとんど食痕がありません・・・Σ(´д`;)
こんなはずじゃ無かったと思うのですが・・・
特に心配なのが、唯一3令だった3番目の菌糸ボトルです。
これまで食痕らしい物が一切見られませんでした・・・
落ちているのでしょうかね (´;ω;`)
また4番目も一番上のところにカビが発生していたので除去しました。
(画像右上は除去後の蓋を開けたところです。)

温度管理は、コントロールは全然出来ていませんでしたが、
18℃~28℃くらいで推移していました。
クーラーボックスだと変動が激しく難しいですね ('д` ;)
とはいえこの猛暑の中30℃を超えたことはなく(室温は37℃が何日もありましたが)
菌糸ボトルにも悪い影響を与える温度にはなってないはずなんですけど・・・
10℃前後の温度変化が行けないのでしょうか?
自然界でも1日の気温の変動で10℃くらいはしますし、普通に飼育する分には
問題ないと思うのですが菌糸ボトルの場合は、ダメなのでしょうかね?

しかし1ヶ月がようやく経ちましたが長いです・・・まだボトル交換の折返しにも
来ていません。そっとしておかなければ行けないと思いつつ、
ついつい菌糸ボトルを持ち上げで食痕を探したり、蓋を開けちゃいます ('д` ;)
3番目の子が気になるので早く見てみたいです。
元気にしてるといいなぁ (´∀`)

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!
皆さん良いクワカブLIFEを (´∀`)


このページのトップヘ