ZEROから始めるオオクワLIFE

子供と散歩中に見つけたクワガタをキッカケに30年ぶりにクワガタをはじめました。 主に祖父江産オオクワガタについて書いていきます。

こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

今週から更に冷え込みいよいよ秋も深まってきましたね。
僕の地域でも今週は最低気温が13℃になる見込みです。
ということで前回完成した自作温室を動かしてみました。

構想はこんな感じでしたね。
BB_構想2

実際はこんな感じです。自作温室実際

100均のすのこが少々不安ですが概ね構想通りのレイアウトができました♪
肝心の庫内温度ですが、温度計①の所にサーモスタットのセンサーを取り付けています。
温度設定は25℃です。
WaterMark_2018-10-15-22-04-04
外気温20℃に対し、24℃~25℃で推移してくれています。
(画像は写真を取るときに下がってしまいました。)
また上部にある温度計②ですが23℃くらいです。
今の時期の庫内温度差は、1℃~2℃くらいですね(´・ω・`)
実は上下の温度差を無くすようにサーキュレーターを用意したのですが、
動かしていません。

理由は・・・
WaterMark_2018-10-15-22-05-00
1H,2H,4H,8H・・・(つд⊂)ゴシゴシ
そうです、この子おりこうさんなんです(´;ω;`)
タイマーがついてて最大8Hで止まってしまうのです(;´Д`)
ランニングコストを抑えようと電気代節約の為にACでは無く
初期コストはかかりますがDCにしたのに・・・・゚・(ノД`;)・゚・
というわけで現在動かしていません。
(しかし僕はいつもこんなんです・・・どこか抜けてるんですよね・・・
皆さんも購入の際は気をつけてください)

これから先寒くなると今のヒーター(ピタリ適温3号)だけで大丈夫か不安ですが
とりあえずはサーモスタットもきちんと作動してくれているので
このまま行けるとこまで行ってみようと思います。
菌糸ボトルを多く入れれば庫内の温度も上がってくれると思いますので
今季はボトルの少ない悪い条件でTRYしてみます。

それと今回のもう一つのタイトル、「感謝」についてですが、
この度500アクセスを達成することが出来ました .。゚+.(・∀・)゚+.゚
僕のブログの目的は、「ブログを通して共通の趣味であるクワガタについて
交流をしたい、深めたい」というものです。
おかげさまでブログを通じて交流を持たせて頂いている方もいます。
ありがとうございます。
また貴重な時間を割いて当ブログにお立ち寄り頂いた方々、
ありがとうございます。
他の方々が書かれているような知識や考察などはありませんが、
初心者ならではの失敗や、立ち居ぶるまいを綴っていき、
おもしろおかしく続けていければと思います。
ほんと失敗ばかりなので温かい目で見てやってください(*´Д`*)

皆さん、今後ともよろしくお願いいたします。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)

こんにちは!
しろぼうです(・∀・)つ

台風一過?でしょうか今日は久しぶりに晴れの日曜日です(´∀`)
ということでようやく自作温室が進められました!
嫁と子供も実家に帰っていったので集中してできました(´∀`*)
何より時期的に温室の準備を進めなくてはいけませんので
(今日は無茶苦茶暑いですが(*´Д`*))
完成まで持っていきました。


ちょっと間が空いてしまったので思い出すのも含めて。
前々回 自作温室構想~材料カットまで
自作?温室 Psrt1

前回 扉&温室箱部組み立て
自作?温室 Part2

でしたね^^;

今回は一応完成ということで、ヤスリがけ~扉&温室箱部結合です(´∀`*)

土曜日(一日目)ヤスリがけ、日曜日(二日目)塗装~完成までといった工程です。

まずは、一日目、塗装の前の下準備のヤスリがけから。
なんですけど、土曜日は天気が微妙で時間との戦いのため文章のみです。
紙やすりを準備します。240番~320番くらいで軽く研磨します。
ですが、僕のベニアの質(住宅の基礎のコンクリート用)が悪いせいか
240番だと毛羽立ってしまいましたΣ(´д`;)
ですので結局400番で仕上げました。(それでも少し毛羽立っていました)
時折、強い風と雨に苦戦しましたがなんとかヤスリがけを終えました。

二日目、いよいよ塗装です。
用意したのは、ワシンの水性ウレタンニスです。
WaterMark_2018-10-07-16-29-51
マボガニーにしました。
家の家具、フローリングはウォールナットなので、それでも良かったのですが
たまには違う色がいいかなと思いまして(´∀`*)
塗装の仕方はワシンさんでアップされてるのでコチラを参考にしてください。
水性ウレタンニス塗装方法

よく読むと乾く前は直射日光を避けてくださいとのこと・・・
じゃあ外で塗れないじゃんと思いましたが、
動画を見ると室内でも匂いが少なくシックハウスなど環境にも配慮されてる
みたいなので思い切って室内で塗りました。
2~3回に分けて塗るみたいですが、僕の場合、温室のサイズから2回しか
塗れなさそうだったので2回にしました。

1回目
WaterMark_2018-10-07-16-24-30
見た目ではわからないのですが、表面が凸凹してるので2回目を塗る前に紙やすり
をかけます。400番でかけました。

2回目
WaterMark_2018-10-07-16-29-39
なんとなく濃くなった気がします。
ホントはもっと濃くなると思うのですが、塗料が足りなくなるのを恐れ薄めて
塗りましたので普通に塗るより薄いかもしれません。

2回塗装なのでここで600番の紙やすりで仕上げました。

ここで大変なことに気づきました・・・
塗装が飛ぶ、垂れるのはわかっていたのでいらない絨毯を敷いて
塗っていたのですが、ヤスリをかけた粉塵が部屋中に・・・
ダイニングテーブル・・・テレビ台・・・キッチンまで・・・Σ(´д`;)
(終わった後、嫁が帰ってくるまでに必死で水拭きしました(´;ω;`))
もちろんフローリングもです・・・

塗装が終わったので、いよいよ扉と温室箱部を結合していきます。
WaterMark_2018-10-07-16-23-00

WaterMark_2018-10-07-16-22-32

なんとか付けることができました(´∀`*)
ただこのままでは隙間が出来てしまいます。
事前に、ひろパパさんから聞いていたので隙間テープも用意していました(´∀`*)
WaterMark_2018-10-07-16-21-58
取り付け具合はこんな感じですかね?
冷蔵庫の扉みたいになりました。

これで扉に隙間が出来なければ完成ですが、ここでもトラブルが・・・
WaterMark_2018-10-07-16-21-37
閉めた状態でこんなに開く結果に・・・・Σ(´д`;)

ですがこれも想定の範囲内?です。
実は、前回のときに扉と温室箱部を仮組みしたときに蝶番のキャッチが
弱かったので事前に準備してたものがありました。
WaterMark_2018-10-07-16-20-58

マグネット式キャッチです!!
もちろん素人の僕に優しいスライド式(調整できる)やつです(´∀`)

蝶番とマグネット式キャッチを調整して・・・
WaterMark_2018-10-07-16-20-23

見事に隙間がなくなりました!!
今まで散々ミスってばかりでしたが、最後にバシッと決まりました(*´∇`*)
これで冬に向けての準備が出来ました!

ひろパパさんにはブログを参考にさせて頂いたり、また直接アドバイスを
頂きましてこの場を借りてお礼を申し上げます。
無事に完成することが出来ました!ありがとうございました.。゚+.(・∀・)゚+.゚
皆さんも自作温室を作る際は、ひろパパさんのブログを参考すると
より詳しく書かれてますのでわかりやすいと思います。
カテゴリ:飼育環境>自作温室・飼育スペース

自分の作ったもので育てていくという、また新たな楽しみが増えました(´∀`*)

本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

タイトルの通り産まれましたよ(´∀`*)
コクワガタです・・・(・∀・)
オオクワガタじゃなくてすいません(´д`;)

来期からの準備も兼ねて自己採集のコクワガタを産卵セットを組んでいました。
いきなりオオクワガタを産卵させる自信もありませんでしたので

産卵セットです。
WaterMark_2018-10-05-23-54-48

クヌギの産卵木が入っているのですが見えませんね・・・
実は産卵木を掘り起こしたら幼虫がいたので慌てて埋め戻しました

三日後くらいにはケースの側面にも幼虫を確認できるようになりました。
WaterMark_2018-10-05-23-54-12

赤丸のところにいるのですがこれまた見づらいですね・・・
ケースの側面に確認できたのは6匹くらいでした。
無事産まれてくれたので一安心です。
ホントはこれとは別にコクワとノコを一緒に産卵セットにいれた
ワクワクセット(どっちの幼虫かわからない)も組んだのですが、
こちらは不発に終わりそうです

肝心の飼育方法ですが、よくわからず・・・マット?菌糸ボトル?
色々悩んでいたところに名古屋に出張することになったので
クワカブ専門店の昆虫王国さんに行ってきました(´∀`)
WaterMark_2018-10-05-23-36-50

大きなカブトムシのモニュメント?が目印です。
行ったときは、ご覧の通りシャッターが閉まっていて休みかと思いましたが、
店舗は2階にありました

僕が行ったときは店長が不在でお母さんが店番をしていました。
正直、クワガタのことわかるかなと不安でしたが、
聞いてみると知識がすごかったです(*´Д`*)
ブリードのこととか、マットの水分量がどうとか・・・産地についてもあれこれと・・・
なぜそんなに知ってるんですかと聞いてみたところ、
「やっぱり物を売るには知っておかないと失礼だから」とのこと!
プロ意識がすごい・・・僕の母親くらいの人が(*´Д`*)
(実際、3人子供がいて末っ子が僕と同い年でした)

もちろん今回の目的であるコクワガタの幼虫についても聞いてきました。
発酵マットにクヌギ材を入れておけばいいとのことでした。
材が噛られてボロボロになったらまた材を追加すればいいようです。
ただやっぱりクワガタの幼虫は多頭飼育だと共食いもあるようなので
なるべく大きい容器に入れて幼虫同士が出会わないようにしたいと思います。
平日の昼間にお邪魔したこともあってお客さんが少なかったので
1時間も話して頂きました。
(ホントはもっといたかったのですが会社に行かないといけなかったので
こういうお店が近くにあればいいのに・・・
店舗は決して大きないですがアットホームな感じがとても気に入りました!
また近くに寄った際には行きたいと思います。

あとから気づいたのですがもっとわかりやす目印がありました。
WaterMark_2018-10-05-23-36-23

我等が中日ドラゴンズのナゴヤ球場です!!
小学生の頃はよく行きましたね^^懐かし~♪
来年こそは優勝!!いや、Aクラスを・・・

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)
今週末は、嫁も実家に帰りますし、日曜日は天気も良さそうなので
ようやく自作温室の続きができそうです!!

このページのトップヘ