こんばんは!
しろぼうです(・∀・)つ

タイトルの通り産まれましたよ(´∀`*)
コクワガタです・・・(・∀・)
オオクワガタじゃなくてすいません(´д`;)

来期からの準備も兼ねて自己採集のコクワガタを産卵セットを組んでいました。
いきなりオオクワガタを産卵させる自信もありませんでしたので

産卵セットです。
WaterMark_2018-10-05-23-54-48

クヌギの産卵木が入っているのですが見えませんね・・・
実は産卵木を掘り起こしたら幼虫がいたので慌てて埋め戻しました

三日後くらいにはケースの側面にも幼虫を確認できるようになりました。
WaterMark_2018-10-05-23-54-12

赤丸のところにいるのですがこれまた見づらいですね・・・
ケースの側面に確認できたのは6匹くらいでした。
無事産まれてくれたので一安心です。
ホントはこれとは別にコクワとノコを一緒に産卵セットにいれた
ワクワクセット(どっちの幼虫かわからない)も組んだのですが、
こちらは不発に終わりそうです

肝心の飼育方法ですが、よくわからず・・・マット?菌糸ボトル?
色々悩んでいたところに名古屋に出張することになったので
クワカブ専門店の昆虫王国さんに行ってきました(´∀`)
WaterMark_2018-10-05-23-36-50

大きなカブトムシのモニュメント?が目印です。
行ったときは、ご覧の通りシャッターが閉まっていて休みかと思いましたが、
店舗は2階にありました

僕が行ったときは店長が不在でお母さんが店番をしていました。
正直、クワガタのことわかるかなと不安でしたが、
聞いてみると知識がすごかったです(*´Д`*)
ブリードのこととか、マットの水分量がどうとか・・・産地についてもあれこれと・・・
なぜそんなに知ってるんですかと聞いてみたところ、
「やっぱり物を売るには知っておかないと失礼だから」とのこと!
プロ意識がすごい・・・僕の母親くらいの人が(*´Д`*)
(実際、3人子供がいて末っ子が僕と同い年でした)

もちろん今回の目的であるコクワガタの幼虫についても聞いてきました。
発酵マットにクヌギ材を入れておけばいいとのことでした。
材が噛られてボロボロになったらまた材を追加すればいいようです。
ただやっぱりクワガタの幼虫は多頭飼育だと共食いもあるようなので
なるべく大きい容器に入れて幼虫同士が出会わないようにしたいと思います。
平日の昼間にお邪魔したこともあってお客さんが少なかったので
1時間も話して頂きました。
(ホントはもっといたかったのですが会社に行かないといけなかったので
こういうお店が近くにあればいいのに・・・
店舗は決して大きないですがアットホームな感じがとても気に入りました!
また近くに寄った際には行きたいと思います。

あとから気づいたのですがもっとわかりやす目印がありました。
WaterMark_2018-10-05-23-36-23

我等が中日ドラゴンズのナゴヤ球場です!!
小学生の頃はよく行きましたね^^懐かし~♪
来年こそは優勝!!いや、Aクラスを・・・

本日も最後まで読んでいただきありがとうございました(´∀`)
今週末は、嫁も実家に帰りますし、日曜日は天気も良さそうなので
ようやく自作温室の続きができそうです!!