こんにちは!
しろぼうです(・∀・)つ

むちゃくちゃ寒くなりましたね・・・
我が家は、貧のためガレージやカーポートなんてないので、
これからフロントガラスの凍結との戦いが始まります('д` ;)
先週は暖かったのに・・・(´・ω・`)

ここの所の寒暖差で、我が家の温室は温度ブレブレ、試行錯誤
(パネルヒーターを上下セット、レイアウト変更)でなんとか
22、23℃くらいをキープしています。
オオクワ幼虫はだいたいこれで良いのですが、レギウスは25,26℃が狙いですが
届きません(´;ω;`)

そんな中で前回の速報でもお伝えした通り、赤レギが孵化してくれました。
結果は、

WaterMark_2018-12-10-17-11-06

3頭孵化してくれました(´∀`)  字が汚い('д` ;)
(7個回収中)
こんな温度がブレブレの中よく孵化してくれました(´Д⊂)
中には温室が20℃くらいの日もありました・・・
故郷であるカメルーンの最低気温くらいですね('д` ;)

今回は初めての赤レギ産卵ということもあり、どれくらい生まれるのか
わからなかったのでマット管理としました。そもそも生まれるのか疑問も・・・

しかしここからが問題でマット管理といってもどこに幼虫を置けばいいのか
わかりませんでした('д` ;)
ある程度大きくなっていれば穴を開けて入れれば勝手に潜っていくのでしょうが、
孵化したてはどうすれば・・・色々本やネットで調べましたがわかりませんでした。
とりあえずマットの上をほぐして置くだけにしましたが、全然潜らないし・・・
途方にくれていた所、この子達の親を譲って頂いたヴェイルさんから
対処法を教えて頂き、現状でできるそれに近い形で管理することにしました(´∀`*)

この度は色々アドバイスを頂きありがとうございました!!


ただ3頭だと心細いので、♀にしばらく休息をと思っていたのですが、
あまり餌も食べずウロウロしていたので思い切って産卵セットを組みました。

すると一旦穿孔したのですが出てきてしまい・・・
温度がいけなかったのでしょうか?この時温室20℃くらい(´・ω・`)
低すぎたのかなぁ・・・前述通り試行錯誤し23℃まで温度を上げると・・・

WaterMark_2018-12-10-17-12-49

再び穿孔してくれました♪
無理させちゃってる感もありますが、また産んでね(´∀`)

前回よりも孵化率を上げれるよう管理しなくてはいけませんね!!
先輩ブリーダー達がおっしゃる通り、温度、湿度の戦いは永遠ですね(*´Д`*)

ここの所寒暖差が激しいので、皆さんも風邪引かないように気をつけてください(´∀`*)

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました!!