こんばんは
しろぼうです(・∀・)つ

5月から組んでいた産卵セットを割り出しました
2019年のラインは以下になります。
2019種親

残念なことにSB19-B1ラインは♀殺しの為欠番です。
今期は4ラインで望みました。

各ラインともコバエシャッター中ケースにクヌギ材を2本づつ投入しています。

WaterMark_2019-06-09-16-53-07

割り出し前がこんな感じです。
白いふわふわ(カビ?)も出ています

今回初めてのオオクワガタ産卵セットということもあり、材の硬さも記録しました。

WaterMark_2019-06-09-16-53-42

と言っても簡単に書き分けてるだけですが・・・
判断方法は断面に爪を立てたり、マイナスドライバーを突き立てたりしています。

以下、各ラインの材の振り分けと結果にになります。
飼育温度は温室で26度を目安にしています。

SB19-A1
♀投入:2週間
クヌギ材:軟x2
結果:初齢4頭
所感:軟x2だが、一本は軟らか過ぎでほぼバラバラになり一頭も取れず。
    産む場所を探してかじり過ぎてる感じがした。
    一方、産んでた方の軟らかい材にカミキリ?の幼虫が3頭もいた・・・
    幼虫の食痕が多かったのにいなかったのは食べられた???

SB19-A2
♀投入:3週間
クヌギ材:軟、硬 各1
結果:軟 初齢11頭 卵2個
    硬 初齢2頭 卵2個
所感:このラインはメインラインと考えているので3週間の投入。
    その割に卵が4個と少ないので後半はほとんど産んでいないと思われる。
    硬い材はA1ラインと同じ感じ。

SB19-B2
♀投入:2週間
クヌギ材:軟、硬 各1
結果:軟 初齢10頭 卵1個
    硬 何もでず・・・
所感:軟らかい材は割り出してて割りやすいし楽しかった。
    硬い方は断面を少しかじっただけ。

SB19-C1
♀投入:2週間
クヌギ材:硬x2
結果:初齢4頭(うち2頭はマットから) 3プチ・・・ 卵1個
所感:今回B2、C1の順で割り出したが、初めて硬い材に幼虫がいた。
    しかし勢い余って幼虫を潰してしまった。
    さらに、3本目で材割りペンチが破損(ネジがバカに)してしまった・・・
    その後は、アイスピックのようなので割り出しをする羽目に


上記の結果からすると、軟らかめの材が結果を出してくれました。
(他の人から見たら結果でてないよと言われそうですが
何より割り出してて割り出しやすいですし、軽い力で崩せるので幼虫を潰しにくい
利点もあります。
今後材を選ぶ時は、軟らかめのにしようと思います。
また加水のしすぎにも感じたので次回からは調整しようと思います。
(陰干しのつもりが日向になってしまい産卵セットを組む前に霧吹きで
加水してしまいました

今回は、思いの外幼虫を採ることができませんでした。
現在、上記の29頭に加えNagiさん里子の6頭で35頭です。
特に欲しいA2をはじめ、A1、C1も少なすぎるのでリベンジセットを仕込みました
(今回の加水時間は、1時間陰干し6時間です)
せめて各セット10頭くらい追加になって欲しいです

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました
今度は卵で採ってみようかな